FXスキャルピングとFXデイトレードの違いは?

 

FX スキャルピングとFXデイトレードの違いは、明確なものはありません。

 

むしろ、FXスキャルピングはFXデイトレードの一種だと考えることできます。

 

というのも、FXデイトレードはポジションを翌日に持ち越さないというトレーディングスタイルを指すわけですから、1日に何度も売買するFXスキャルピングも FXデイトレードのひとつであると考えられます。

 

しかし、FXデイトレードに比べるとFXスキャルピングと言った場合には1日の売買回数が多いという傾向があります。

 

FXデイトレードでは1日に数回程度の売買を行うのに対して、FXスキャルピングでは1日に100回以上の売買をすることもあります。

 

大きな違いといえばこのような回数の違いでしょう。

 

 

回数が多ければいろいろな違いがあります。

 

たとえば手数料の重要性も必要となってくるでしょう。

 

最近では売買手数料が無料であるFX業者は多いようですから、条件は同じだと考える人もいるでしょう。

 

しかし、FXスキャルピングでは陰の手数料と呼ばれているスプレッドにも注意しておく必要があるでしょう。

 

スプレッドが1銭違えば、1万通貨あたり100円の違いになるわけですが、これが100回になれば1万円となりますし、300回となれば3万円の差になるわけです。

 

これが一日あたりの差になるわけです。

 

ですから、FXスキャルピングをする際には、FXデイトレードをするときよりもスプレッドに気を使わなければならないと言えるでしょう。